サービスサイトとは

HOME > サービスサイトとは

ホームページの営業活用には、
営業用の「サービスサイト」の作成が近道です。

ホームページを使って新たな新規の見込み顧客を見つけるには、
顧客が求める情報を端的にわかりやすく表現することが重要です。
潜在顧客、従業員、投資家、パートナーなど様々なステークホルダー向けに
情報発信をしなければならないコーポレートサイトでは
それを行うのは簡単ではありません。


売りたい商品、サービスをターゲット顧客に分かりやすく訴求した
「サービスサイト」を作ることにより、ホームページ活用による
商談獲得が格段にやりすくなります。

ホームページの営業活用には、
営業用の「サービスサイト」の作成が近道です。

ホームページを使って新たな新規の見込み顧客を見つけるには、顧客が求める情報を端的にわかりやすく表現することが重要です。
潜在顧客、従業員、投資家、パートナーなど様々なステークホルダー向けに情報発信をしなければならないコーポレートサイトではそれを行うのは簡単ではありません。


売りたい商品、サービスをターゲット顧客に分かりやすく訴求した「サービスサイト」を作ることにより、ホームページ活用による商談獲得が格段にやりすくなります。

サービスサイトとは

会社全体の情報を提供する「コーポレートサイト」に対し、特定の商品や事業分野に特化して情報提供するための営業目的のWebサイトを「サービスサイト」と呼びます。「サービスサイト」は「コーポレートサイト」を置き換える物ではなく、「コーポレートサイト」を補完するものです。

「サービスサイト」と似た物として「ランディングページ」があります。
「ランディングページ」は1ページの簡単な商品やサービス紹介なのに対し、「サービスサイト」は商品・サービスの詳細情報や、事例、技術情報など複数ページを持ち、より広く深い情報を提供できるという違いがあります。

別の言い方をすれば「サービスサイト」の中身を1ページで簡潔に表現したものが「ランディングページ」であるとも言えます。

 

コーポレートサイトとサービスサイトの比較

  コーポレートサイト サービスサイト
対象 全ての既存顧客・全ての潜在顧客・従業員・投資家・パートナー 特定の事業分野・商品のターゲット顧客
掲載内容 全ての商品・サービス及び会社情報 販売したい商品・サービスに特化
デザインの自由度
会社のブランド規定に従う必要

商品特性・ターゲット市場特性に合わせたデザインが可能
コンテンツの自由度
全ての内容をバランスよく配置する必要

商品特性や戦略にそったメリハリのある内容
コンテンツの充実度
特定分野に特化した情報提供が難しい

商品や事業に関する様々なトピックを掘り下げて情報提供
ページ数
全ての情報が必要なため数百ページに上る事が多い

内容を絞るので数ページでもOK
運用部門 広報等の全社横串部門によるとりまとめが必要 事業部門あるいは営業部門だけで可能

横にスクロールして確認してください。

  コーポレートサイト サービスサイト
対象 全ての既存顧客・全ての潜在顧客・従業員・投資家・パートナー 特定の事業分野・商品のターゲット顧客
掲載内容 全ての商品・サービス及び会社情報 販売したい商品・サービスに特化
デザインの自由度
会社のブランド規定に従う必要

商品特性・ターゲット市場特性に合わせたデザインが可能
コンテンツの自由度
全ての内容をバランスよく配置する必要

商品特性や戦略にそったメリハリのある内容
コンテンツの充実度
特定分野に特化した情報提供が難しい

商品や事業に関する様々なトピックを掘り下げて情報提供
ページ数
全ての情報が必要なため数百ページに上る事が多い

内容を絞るので数ページでもOK
運用部門 広報等の全社横串部門によるとりまとめが必要 事業部門あるいは営業部門だけで可能

横にスクロールして確認してください。

サービスサイト制作のポイント

「サービスサイト」はターゲット顧客が求める情報をタイムリーに提供していくことが欠かせません。「展示会のお知らせ」「イベントの案内」「新製品情報」「季節毎の案内」などを適宜提供してくことが必要です。 また、営業活動に利用するために、アクセス状況を見ながら継続的に問合せを増やすための改善をしていくことも重要なポイントです。
コンテンツは専門性の高い内容であることが多く、外部に委託すると十分な内容を作るのが難しかったり、時間がかかり過ぎる事があります。

以上を考えると、社内の商品あるいは事業の担当部門がサイトの作成から運用を行うのが理想的です。

リコーB2Bマーケティングドライバーは「サービスサイト」の作成・運用を自社で行うことを前提に設計されていますのでWebの専門家がいない部門でもご利用いただけます。