コラム COLUMN

多言語対応のチャットボットが活躍するシーンとは?

多言語対応のチャットボットが活躍するシーンとは?

近年、訪日外国人の増加に伴い、多国語での接客やコミュニケーションの必要性が出てきています。そうした中、オンライン接客ツールの一つであるチャットボットが有効ですが、多言語対応することで、外国人対応がスムーズになります。
そこで今回は、多言語対応のチャットボットの必要性や活躍するシーン、おすすめの業界をご紹介します。

1.多言語対応のチャットボットが必要とされている理由とは

チャットボットは、訪日外国人が年々増える中、有益な接客ツールとして注目されています。外国人が使えるようにするためには、多言語対応のチャットボットが必要となっています。その背景をご紹介します。

外国人観光客への対応のため

コロナ禍以前は、観光目的の外国人の数は3,000万人以上(観光庁統計より)まで達していました。コロナ禍で大きく減少したものの、アフターコロナにはまた多くの外国人観光客が訪れることでしょう。
主要都市や観光地のホテル・旅館、施設や店舗、観光情報センターなど、多言語に対応したチャットボットを導入することで、インバウンドビジネスの契機を得ることができます。

海外企業に開発委託などをするケースの増加

グローバル化が急速に進む中で、海外企業に製品の開発や製造を委託するなどの機会は増えています。そうしたビジネスの交渉やコミュニケーションにおいても多言語対応のチャットボットは有効です。正確な意思疎通のためにも、多言語対応は急務といえます。

外国人労働者の増加

外国人労働者からの問い合わせ受付や、労働者教育において、多言語対応のチャットボットは有用です。多言語対応によってスムーズな外国人労働者の使用が可能になります。
2. 多言語対応のチャットボットはどんな業界におすすめ?

多言語対応のチャットボットは、多くの業界でおすすめできますが、特に次の業界でおすすめです。

飲食・小売業界

飲食・小売業界では、近年、LINEチャットボットなどを利用した来店予約チャットボットの活用が進んでいます。それを多言語対応することで、外国人もスムーズな利用が可能になり、外国人客の獲得ができます。

観光業界

ホスピタリティが求められる観光施設やホテル、店舗などの現場では、多言語への対応が課題となっています。また人手不足も深刻化しているため、多言語対応のチャットボットを活用することにより、大きな成果を生み出すことができる可能性があります。

医療業界

医療の現場では、緊急時から平時まで、外国人患者等に多言語で対応する必要があります。予約・問い合わせ段階で役立つチャットボットを多言語化することで、対応が円滑になります。

職場

企業では、社内ヘルプデスクにチャットボットが活用されていますが、多言語化することで外国人社員も利用できるようになります。
多言語対応のチャットボットはどんな業界におすすめ
3. 多言語対応しているチャットボットを導入するメリット

業界問わず、多言語対応しているチャットボットを導入するメリットとしては、主に次の項目が考えられます。

●外国人客に多言語対応サービスを提供できる

大きなメリットとして、外国人の顧客に対して、均一のサービスが提供できるという点があります。店舗や観光施設などにおいては、集客につながることから経済効果に結びつきます。

●ビジネスにおいて外国人と正確な意思疎通が可能となる

海外企業への開発委託で現地の人々と正確な意思疎通が実現するなど、ビジネスにおいてかかわる外国人とのコミュニケーションがスムーズになります。そのため、グローバルビジネス展開の一助となります。

●外国人労働者の教育や問い合わせ対応が可能

外国人労働者を雇った場合に、まず実施したいのが教育です。多言語化されたチャットボットを活用すれば、言語にかかわらず均一化された教育が可能になります。
また、働くに当たって生じる外国人労働者からの社内問い合わせに対して、簡易的な回答を返したり、一時受付として機能させたりすることもできます。

●多数の言語に対応できるスタッフの人員削減につながる

顧客、ビジネスにおけるパートナーや協力会社、労働者などあらゆる外国人対応において、通常は外国語が話せるスタッフが必要になります。多言語対応できるチャットボットを導入することで、スタッフの人員削減、もしくは工数削減につながります。
多言語対応しているチャットボットを導入するメリット
4. RICOH Chatbot Service」は多言語自動翻訳に対応

リコーの「RICOH Chatbot Service」では、Enterpriseプランに多言語自動翻訳機能があり、多言語対応が可能です。

日本語の他に英語、中国語(繁体字/簡体字)、韓国語など2020年4月現在で16言語に対応でき、順次拡大していく予定です。

管理側は、日本語でQ&Aを登録するだけで、指定の言語に自動翻訳されるため、管理者が多言語分のQ&Aデータを用意する必要なく、多言語対応が可能です。

外国人対応の必要なシーンにも役立つチャットボットサービスです。

5. まとめ

チャットボットは問い合わせ対応や情報提供に欠かせないツールとなっています。その中でも、多言語対応は、現在、外国人とのコミュニケーションの必要性が増している中、求められています。スムーズに会話ができる多言語対応のチャットボットは、外国人対応の業務の必要がある場合におすすめです。

多言語自動翻訳機能が搭載! Enterpriseプランのご紹介 RICOH Chatbot Service Enterpriseプラン紹介資料はこちら チャットボット製品サイトはこちら

関連コラム
チャットボットのデモ体験 チャットボットのデモ体験

人気記事ランキング

チャットボット製品サイト

お問い合わせ