コラム COLUMN

チャットボットで保育士の問い合わせ業務を改善するには?

チャットボットで保育士の問い合わせ業務を改善するには?

幼稚園や保育園では、現在、人手不足が深刻化しており、業務負荷が大きくなっているといわれています。そうした中、保護者や外部からの問い合わせに対する対応品質を下げないようにすることと、保育士の対応業務の負荷削減との両立が難しくなっているのが現状です。
そうした保育士の業務改善に役立つのが、チャットボットです。そこで今回は、幼稚園や保育士の業務改善を行うチャットボットの導入メリットと活用シーンをご紹介します。

1.幼保園の保育士の業務課題

幼稚園や保育園で働く保育士については、現在、次のような業務課題があるといわれています。

・待機児童問題
・保育士不足による業務過多
・多忙さに見合わない保育士の待遇
・保護者からの問い合わせが多く対応の負荷が高い

保育施設の需要の高まりや保育士の人材不足の深刻化により、待機児童問題が社会問題にまで発展しています。保育施設の内部では、保育士一人当たりの業務量が増え、サービス残業が増えている現状があります。また多忙でありながら給料が見合わないという声もあります。
中でも、保育士は、保護者からの問い合わせ対応も普段の業務と両立しなければならず、同じような問い合わせへの対応を効率化したいという課題もあります。こうした現状が、保育士のサービス残業を助長しているといっても過言ではないでしょう。

2. 保育士による問い合わせ対応の業務改善に役立つチャットボットの導入メリット

少しでも保育士の業務負荷を軽減し、効率化することが急がれます。特に問い合わせ対応課題に関しては、チャットボットによって解決できる見込みがあり、業務改善が可能です。

チャットボットとは、ホームページ上などに設置することで、ユーザーによる文字入力や選択に対し、自動で回答を返すプログラムです。

チャットボットを幼保園の公式サイトに埋め込むことで、保護者からの行事やイベントに関する問い合わせや、入園希望者からの施設概要やアクセス方法などのよくある問い合わせに自動で対応できます。

これにより、保育士の問い合わせ対応業務の負担軽減とともに、24時間365日の問い合わせ対応が可能になることから、保護者や入園希望者の満足度向上にもつながります。

結果的に、保育士の本業への専念、業務効率化、サービス残業の低減が叶い、行事前などの一時的に増す問い合わせへの対応もスムーズになります。

3. 幼保園のチャットボット活用シーン

幼保園にチャットボットを導入した場合、どんなシーンで活用できるのか、具体的にご紹介します。

・保護者の問い合わせ対応

園児の保護者からの問い合わせ対応に応じます。入園の準備や日時、遠足の持ち物など、入園後の保護者からのよくあるお問い合わせへの対応を自動化します。

・新規入園者の獲得

幼保園の新規入園者用のお問い合わせチャットボットです。入園の倍率から園の施設紹介、カリキュラム、ポリシーなどに至るまで、園選定時に来るお問い合わせを自動化します。

・保育士・教諭の募集

チャットボットを採用向けに活用することも可能です。保育士や幼稚園教諭に必要な情報をチャットボットで発信するなどすれば、働き手の募集に役立てることができます。
4. まとめ

保育士の業務改善が可能なチャットボットをご紹介してきました。チャットボットをうまく活用することによって、保育士の業務過多を解消に導くことができます。

リコーのRICOH Chatbot Serviceは、幼保園のお問い合わせ対応にもおすすめのチャットボットサービスです。導入は、使い慣れたExcelでQ&Aを作成してデータを読み込ませるだけで完了します。また、教育業(幼稚園)向けの業種/部署別テンプレートもご用意していますので、利用すれば、よりスピーディーに開始できます。

幼保園の業務改善のために、チャットボット導入を検討される際には、ぜひお気軽にご相談ください。

幼保園でのチャットボット活用シーンはこちら 60分で体験!無料オンラインデモはこちら

関連コラム
チャットボットのデモ体験 チャットボットのデモ体験

人気記事ランキング

チャットボット製品サイト

お問い合わせ