「守りの経理」から「攻めの経理」へ
最終更新日:2021-11-05

 経理は企業を「守る」ための中心的役割を果たしています。「守りの経理」は企業にとってとても重要な役割を果たしています。
 しかし、現在は「守りの経理」だけでなく「攻めの経理」が必要になってきているといわれています。

 

 例えば、これまでの「守りの経理」で求められていたのは「記録する業務」でした。
 日々の取引で生じるお金のやり取りを正確に記録し、最終的には決算書にまとめあげていく仕事です。これは現在、そしてこれからも経理にとっての最も大切な仕事であることに変わりはありません。
 
 しかし、これからは「攻め」の経理が以前にもまして重要になってくるといわれています。では「攻めの経理」とはどのような業務を指すのでしょうか。
 
  「攻めの経理」とは、正確な数字データ・財務データをもとに、経営判断に必要な材料を的確に提供し、経営に貢献していくことを意味しています。費用や収益の発生状況から自社の傾向をつかみ、助言する。つまり収益へ貢献できる経理、これが「攻めの経理」です。

 これは社内の正確な数字を把握している経理にしかできない仕事でもあります。しかしそうは言うもののなかなか「攻め」に転じることができない企業が多いのが現状です。そしてこれが経理の持つ長年の悩みでもありました。
 
 ではなぜ実行することが困難なのでしょうか。限られた人員だけでは現在の業務に対応し「守る」ことで手一杯になっているのです。この単純にして根深い理由が、「攻め」に転じることのできない原因となっていました。
 また、専門性の高い作業であるため外部の力を借りることが難しいということも要因として存在しています。

 
 
images

「攻め」の経理を可能にしてくれるサービスやソリューション

 しかし現在では、こうした状況に少しずつ変化の兆しが見えています。
 ITの進化やアウトソーシングビジネスの発展により、「守りの経理」から「攻めの経理」への変革を支援するサービス・ソリューションを利用しやすくなってきているのです。
 例えば、「攻め」の経理に転じることを可能にしてくれる、次のようなサービスやソリューションが注目されています。

 

請求書の発行

 見積書・請求書などの作成や郵送、異なる決済手段の集計・管理、入金の消込作業には多くの時間が費やされています。経理作業の中で最も煩雑なのがこうした請求業務にまつわる作業です。
 現在は「MakeLeaps(メイクリープス)」など、請求書業務を効率化する請求管理クラウドサービスが存在しています。工数が大幅削減されるため、「攻め」に使うことのできる時間を生み出すことができます。

 

支払い・振込代行

 外部関係者への支払い・振込作業を代行するサービスも存在します。このようなサービスを利用すれば、金融機関への振込依頼などの作業を一括してアウトソーシングすることができます。

 

クラウド会計

 会計パッケージの分野でもクラウド化が急速に進んでいます。クラウド会計を導入することによって、
・保守・運用コストの削減が可能
BCP対策(災害時や事故の時の事業継承)
・会計データの柔軟な共有
など、さまざまなメリットが実現するのはもちろん、社内の関係者や税理士との連携も容易になり、業務効率が格段にアップすることが期待できます。
 
関連サイト PCAクラウド

 

経費精算システム

 スマートフォンとの連携で経理精算作業を行うことで、これまでのアナログな清算作業から解放されます。例えばスマートフォンのカメラで領収書を撮影し、必要な項目を申請者が入力するだけで、出先からでも経費申請をすることが可能になります。また旅費等の清算でも、電車の乗り換えの経路検索サービスとあわせて利用できるサービスがあり、確認作業の大幅な効率化が期待できます。
 
関連サイト RICOH カンタン経費精算アプリ