Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.


 中小・中堅企業向けデジタルソリューション
 【コミュニケーションエコシステム事業サイト】
Menu

Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.


 中小・中堅企業向けデジタルソリューション
  【コミュニケーションエコシステム事業サイト】
Skip to main content First level navigation Menu

HOME | 私たちの想い

私たちの想い

 

はたらく人々のコミュニケーションを
デジタルで変えていく

ITの進化により様々なヒト・モノ・コトがつながることで、新しいサービスの実現や業務プロセスの高度化が可能になり、ビジネスのあり方が大きく変わろうとしています。
 
んなに時代が変わっても、企業活動におけるコミュニケーションの重要性は変わりません。その一方で、新しい手段や仕組みの登場によって新たな可能性、そして、課題もまた生まれる、と私たちは考えます。
 
新たなコミュニケーションの可能性と課題の発見、解決策の検討にお客様とともに取り組み、そして、お客様の“はたらく”歓びを、生きる歓びにつないでいくために、リコーはデジタルサービスの提供を通じて、はたらく人の創造力を支えるワークプレイスを実現していきます。

オフィス・現場・ホーム、はたらく場を越えて

ニューノーマルの時代、様々な前提が大きく変わると言われています。特に対面の制限は、業務におけるコミュニケーションに大きな変化をもたらしました。社外からのアクセス・リモートツールなど、環境面での整備が急速に進んでいるだけでなく、業務の進め方や生活スタイルなどに対する人々の価値観が過渡期にあると言えます。
 
物理的・時間的な制約を越えて、人々がつながる環境づくりを支援すること、それにはツールやシステムの導入にとどまらず、ワークフローのあり方までを含めた、新たな働き方を定義していくことでもあります。様々な業務において自動化や省人化が進むなかで、お客様が価値を生む仕事に特化できる環境づくりを私たちは目指しています。

五感に寄り添う ー デジタルとアナログを結ぶ

デジタル化を推進していくにあたって、私たちは「五感」がひとつの鍵となると考えています。
 
現場で起きている様々な事実を、お客様の“目”や“耳”となり捉え、そして、現場の変化の兆しやナレッジを文字や音にして知覚化していくこと。五感に寄り添い、五感を押さえることで、はたらく人の新たな可能性を引き出すことができる。複合機やカメラといった、エッジとなるデバイスを通じて、企業の情報の入力・出力を担ってきたからこそ、こだわりたいと思っている点です。
 
急速なデジタル化は、はたらく場や人々の働き方に多様性をもたらすとともに、希薄さや疎外感など新たなストレスを生み出す側面もあります。デジタルによる賢さを追求するだけでなく、離れていても人の温かみが感じられるやりとり。そうしたハイブリッドなコミュニケーションの実現が求められていると感じています。

「六方よし」のコミュニケーションを支える

「三方よし」(売り手よし、買い手よし、世間よし。)という言葉がありますが、お客様の企業活動におけるコミュニケーションの相手は、より多様化しています。
売り手(=サプライヤー)よし、買い手(=お客様)よし、世間(=社会)よし、に加えて、株主よし、パートナーよし、従業員よし。これらの「六方よし」のコミュニケーションを支えることで、お客様の新しい働き方を実現し、継続的な価値創出に貢献して参ります。