コラム COLUMN

チャットボットの導入前にトライアルをすべき理由とは

チャットボットの導入前にトライアルをすべき理由とは

チャットボットは近年、Webサイトにおけるお客様対応や社内ヘルプデスクなど、様々な用途で活用されています。そのチャットボットの導入をお考えの場合には、失敗を防ぐためにも、トライアル実施をおすすすめします。
今回は、チャットボット導入前にトライアルをすべき理由や適切なトライアル期間をご紹介します。

1. 自社に適したチャットボットとは

チャットボットを自社で利用したいと考えた際には、自社に合った最適なチャットボットを選ぶことが欠かせません。そのためには、チャットボットの導入の目的を明確にしましょう。そうすることで、必要な機能やサポート体制、自社でかけられるコストや運用体制が明確になり、自社に最適なチャットボットのイメージがつかめてきます。
チャットボットの条件としては、次の項目が挙げられます。

・チャットボットの種類(シナリオ型、AI型、辞書型など)
・導入コスト・運用コスト
・利用できる機能
・運用方法
・サポート体制

2. 導入前にトライアルをすべき理由とは

自社で検討を重ね、候補のチャットボットが絞り込まれたとします。
本格導入前には、実際にチャットボットを操作して運用を体験できるトライアルの実施をおすすめします。その理由は、トライアルとしてチャットボットを操作することで、以下のようなことが確認でき、失敗を極力防ぐことができるからです。

●自社が解決したい課題が本当に解決できるか、効果は出そうか
●ユーザーにとっての操作性は問題ないか
●シナリオやQ&Aの設定に手間がかからないか
●サポート体制は充実しているか、親切に対応してくれるか

このようなことをトライアル時に確認することで、運用開始後にミスマッチが起きにくくなり、運用時にストレスを抱えたり、導入に失敗したりといった事態を避けることができます。

3. 自社に適切なチャットボットを見極めるのに必要なトライアル期間は?

チャットボットサービスの中でも、無料トライアルができるサービスはいくつかありますが、トライアル期間は各サービスによって異なってきます。

実際に、前述のような確認事項をすべて網羅するために必要なトライアル期間を検討すると、1~2週間程度では、操作性を確認できる程度で、「課題が解決できるか」といった効果検証まで行うのはむずかしいものです。

自社に適したチャットボットを選ばないと、運用時にストレスを感じたり、運用開始後にミスマッチが起きてしまったりするため、 トライアル期間はできるだけ長く、しっかりと検証を行うことが重要です。

【無料DL】「トライアル実施で総チェック!チャットボットサービスを正しく賢く選ぶコツ」はこちら
操作性の確認から効果検証までを含めると、トライアル期間として1か月は必要です。1か月あれば、サポート体制も含めてじっくり検討するスケジュールが組めるので、 導入後もスムーズに利用できるでしょう。

RICOH Chatbot Serviceでは、すべての機能が無料で利用できる30日間の無料トライアルが可能です。さらにトライアル中にも、チャットボットの順調な導入、立ち上げのために、専門スタッフが手厚くサポートするので、安心して利用できます。

4. まとめ

チャットボット導入時におけるトライアルの必要性についてご紹介してきました。トライアルは自社に合ったチャットボットを導入し、課題解決を行うために欠かせないものです。チャットボット選定時には、トライアルも長く、しっかりと行えるサービスを選びましょう。

【無料DL】「トライアル実施で総チェック!チャットボットサービスを正しく賢く選ぶコツ」はこちら 【受付中】「RICOH Chatbot Serviceの30日間無料トライアル」はこちら

関連コラム
チャットボットのデモ体験

人気記事ランキング

お問い合わせ