コラム COLUMN

チャットボットの導入にかかる価格の相場とは?

チャットボットの導入にかかる価格の相場とは?

チャットボットの導入を検討する企業が増えていますが、機能面だけでなく、どれだけ簡単かつ楽に始められるか、という点も重要です。お問い合わせ数が増えており、早急にチャットボットを導入したいという場合には、よりスピーディーに始める必要もあるでしょう。
そんなとき、手間も時間もかからないチャットボットであれば、導入のハードルを下げることができます。
そこで今回は、チャットボットの導入ハードルを下げるQ&Aデータの「テンプレート」の活用についてご紹介します。

1. チャットボット導入の価格相場

チャットボットの導入時にかかる費用の内訳として、初期契約費用と運用費用とその他の費用の大きく3つに分かれます。

初期契約費用は、初回の一回だけ支払うケースが多く、運用費用は半年契約、一年契約など期間を定めて契約し、毎月、毎年など、固定の金額を支払っていくのが一般的です。

その他の費用には、オプションやカスタマイズ、サポートなどさまざまな項目があります。ここはチャットボットサービスによって大きく異なるところなので、細かな費用の内訳は各サービスごとに把握しておく必要があります。

では、それぞれの価格相場を見ていきましょう。

●初期契約費用 無料、もしくは5~10万円ほどが一般的です。費用が高額になるAI型チャットボットになると、20万円~100万円ほどかかる場合があります。

●運用費用 ルールベース型(シナリオ型・辞書型)は、安価なもので月額5万円以下のものがありますが、おおよそ月額10万円~30万円程度が相場です。AI型や、カスタマイズ可能なものであれば、月額30万円~100万円くらいが相場です。

●その他の費用 例えば、シナリオ・Q&A作成の代行を依頼する場合に費用が発生することがあります。また、オペレーターに引き継ぐ有人切り替え機能を付加する場合などに、カスタマイズ費用がかかることがあります。各サービスによってさまざまなオプションが用意されており、その機能もさまざまなので、価格も大きく変わってきます。

2. 価格の違いによりチャットボットでできることはどう変わるか

チャットボットといっても、さまざまな種類がある上に、オプションをつけたり、カスタマイズをしたりすれば、大きく価格は変わってきます。そこで、一般的に、価格の違いによってできることはどう変わるのかを見ていきましょう。

●AIによる機械学習 チャットボットには、大きく分けてAI非搭載のルールベース型(シナリオ型・辞書型)とAI搭載型があります。AIによる機械学習が可能なAI搭載型チャットボットであれば、使っていくうちにチャットボットの精度が上がる仕組みがあることから、その分、導入・運用費用も上がります。

●Q&Aの数 チャットボットに設定できるQ&Aの数によって、価格が変わります。例えば、Q&Aの数が50個までならいくら、200個までならいくら、1,000個以上までならいくらといったように価格が変わることがあります。あらかじめ、どのくらいのQ&Aが必要なのかを見越して契約し、プラン変更はできるのかについても事前に確認しておきたいところです。

●Q&Aやシナリオ作成の代行 初回のQ&Aやシナリオ作成を代行してくれるサービスもあります。自社で作成する手間を省きたい場合に利用することもあるでしょう。

●個別のカスタマイズ開発 チャットボットを自社仕様にしていくためには、カスタマイズが必要になります。カスタマイズの内容によって価格が変わりますので、自社がやりたいことをあらかじめ洗い出しておき、価格を把握しておく必要があります。

●オプション機能 チャットボットサービスによって、オペレーターに引き継ぐ機能、アンケート機能、他システムとの連携など、オプション機能がさまざまに用意されています。オプション機能をつけると費用がプラスされますが、チャットボットでできることが増えていきます。

●手厚いサポート チャットボットを扱うのは不慣れなので、手厚いサポートが欲しいという場合には、サポートが充実しているサービスを選びましょう。サポートが少ないチャットボットサービスよりも費用は上がりますが、その分、スムーズにチャットボットを活用できるので、費用対効果で考える必要があります。

3. チャットボット選定前に自社がやりたいことを明確に

チャットボットの比較選定の際には、ただ価格だけで選んだり、「AIがトレンドだから」などの理由だけでコストを必要以上にかけたりするのは避けたほうがいいでしょう。

価格比較や選定の前に、まず自社がチャットボットでやりたいことを明確にして、どの範囲までの機能を必要としているのかを検討するのをおすすめします。

4. 月額1.8万円からの「表記ゆれ」に対応したチャットボット

RICOH Chatbot Serviceは、月額1.8万円から、手軽に始められるチャットボットサービスです。

この安さで、月額十万円~数十万円ほどのチャットボットサービスの特徴の一つである「表記ゆれ」に対応できるのが強みです。 つまり、チャットボットを利用するユーザーが打ち込んだ文字に対して、多少の言葉のゆらぎがあったとしても、認識できるということです。

表記ゆれに対応できる背景として、リコー独自の言語認識や初期学習技術があります。リコーのチャットボットは、読み込んだQ&Aデータの中にある言葉のゆらぎや類義語を自動で認識するため、ゆらぎや類義語を想定してたくさんのQ&Aデータを準備することなく、最低限のデータで始めることができます。

また、導入時にも、専門知識は一切不要で、Excelで作ったQ&Aデータを読み込むだけで、利用可能であり、業種別のテンプレートをご用意しているため、初めての方でも導入の手間をかけずにスタートできます。

運用開始後は、グラフィカルで見やすい管理画面で、問い合わせ傾向や対話内容を確認できるのも特徴です。サポートも導入から運用までしっかりと専門の担当者が行います。

ご興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

RICOH Chatbot Serviceのプラン・価格詳細はこちら RICOH Chatbot Serviceに関するお問い合わせはこちら RICOH Chatbot Serviceのウェビナー情報はこちら

関連コラム
チャットボットのデモ体験

人気記事ランキング

お問い合わせ