コラム COLUMN

チャットボットツール導入のポイント

チャットボットツール導入のポイント

働き方改革やテレワーク化を受け、チャットボットツールの導入を検討している企業や組織も多いのではないでしょうか。しかしチャットボットツール導入に失敗するケースもあるため、あらかじめポイントを押さえておくのが賢明です。そこで今回は、チャットボットツール導入のポイントをご紹介します。

1. チャットボットツール導入のよくある失敗

実際、チャットボットツールを導入したときには、どのような失敗が考えられるのでしょうか。

ユーザーが欲しい情報を提供できない

チャットボットはいくら高性能でもユーザーが欲しい情報を提供できなければ意味がありません。ユーザーが解決に至らないケースも多いのです。

有人対応などの対策が不十分

チャットボットが回答できないケースが出てきた場合に、有人に引き継ぐなどの対策がされていなかった場合に、ユーザーの満足度を下げてしまいます。

導入時のQ&A作成に手間取る

チャットボット導入時には、ルールベース型といってあらかじめルールとしてQ&Aを作成し設定して使用する種類があります。その場合に、Q&A作成に想定以上の工数がかかってしまい、 Q&Aの数も増えずチャットボットそのものの精度も上がりにくいという失敗もあります。

事前学習が必要ですぐに運用開始できない

AI型という機械学習機能を備えたチャットボットであれば、事前に教育データを学習させる必要があるため、すぐに運用開始できないという失敗ケースもあります。

自社の目的に合わない

高性能のチャットボットを導入したものの、いざ利用してみたら自社のカスタマー対応の用途に合わなかったというケースもあります。

2. 失敗しない導入のためのポイント

上記のようなチャットボット導入の失敗に至らないためには、次のようなポイントを押さえるのをおすすめします。

無料デモや無料トライアルを活用する

失敗を防ぐ最も有効な方法は「実際に試してみること」にあります。そのため、無料デモや無料トライアルといった試せるサービスを提供しているチャットボットツールを選ぶことが賢明です。特に自社環境に導入して試すトライアルは重要であり、1~2週間ではなく、1ヶ月ほど長期間でしっかりと試すことのできるサービスがおすすめです。トライアルでは導入の手間や工数、自社環境や目的との一致を検証できるので、導入後の失敗を極力抑えられます。

目的を明確にする

チャットボット選定時に高機能さに目移りしてしまい、導入目的がぶれてしまわないように、目的を明確化しておくことは重要です。

Q&Aテンプレートの用意があるなど運用がすぐに始められるか確認する

Q&Aテンプレートがあり、それをベースにQ&Aを作っていくことができればより運用開始が早くなります。運用開始までのスピードは要チェックポイントです。

サポートの充実度をチェックする

チャットボットツールのサポートはどのくらい充実しているのかをしっかりとチェックするのをおすすめします。デモやトライアルを積極的に活用して、充実度を探っておくのも良いでしょう。

3. 「RICOH Chatbot Service」はデモとトライアルも手厚くサポート

リコーが提供するチャットボットツール「RICOH Chatbot Service」は、無料でデモとトライアルができるのはもちろん、専任サポートメンバーによる伴走支援によって、導入の失敗を防ぐことが可能です。

無料デモは60分、無料トライアルは30日間かけてじっくり行うことが可能です。

また使い慣れたExcelにより、Q&Aデータを作成できる上に、Q&Aテンプレートの用意もあります。

サポートも充実しており、トライアル時から導入時、運用時までご対応可能です。

チャットボットツール導入の際には、ぜひご検討ください。

30日間でお試し!無料トライアルはこちら トライアル実施で総チェック!チャットボットサービスを正しく賢く選ぶコツ

関連コラム
チャットボットのデモ体験

人気記事ランキング

お問い合わせ